食事制限・運動一切なし!簡単ダイエットでまずはマイナス10キロ♪

- キャベツの千切りを最初に食べる

キャベツの千切りを最初に食べる

ダイエット中でもたくさん食べたい、けれどお腹いっぱい食べたら痩せられない、そんな悩みを抱えている人はキャベツの千切りを、食事の最初に食べるというダイエットがあります。
キャベツの千切りを最初に食べることによって、それ以後の食事はそれほどいらないほどお腹がいっぱいになってしまうのです。
これはキャベツだけでなくところてんなどを先に食べるという方法でもいっとき流行したことがありました。
メインの食事を食べる前にあまりカロリーがないようなものをたくさん食べておいて、そしてお腹をいっぱいにして、空腹を満たすというのがこの方法の特徴です。
やはり我慢をしているとその我慢が2−3日ならいいのですが、長い期間痩せる為に努力をしようと思うとストレスとなります。
ストレスがかかると、脳に指令がいきますので、痩せるもの燃やせられなくなってしまうという研究結果も出ているほどです。
そして痩せなくなってしまいますので、途中でやめてしまいリバウンドしてしまうのだと思います。
これでは悪循環ですから、できれば痩せようと思っているのなら、リバウンドを防ぎ途中でやめることを防ぐ必要があります。
ストレスを溜めずに行うのは難しいですが、ストレスが溜まる原因の1位とも言えるのが、空腹感との戦いですから、お腹いっぱい食べればいいのです。
お腹いっぱいになるまで食べることができるこの方法を利用すればリバウンドをすることもほとんどありません。
キャベツの千切りを食べる際は、出来るだけ、マヨネーズをたっぷりかけて食べるのではなくて、ノンオイルのドレッシングをかけるなどしてこちらもカロリーを工夫して食べるようにしましょう。
せっかく痩せる為に食べているのに、たっぷりマヨネーズのかかったものを食べてカロリーを摂取していたのでは意味がありません。
味に飽きてくると思いますが、ドレッシングを使い分けましょう。
食物繊維は足りていると思いますが、それ以外の栄養素が気になる人はサプリメントでも補いながらダイエットを成功させましょう。